妊婦(妊娠中)のための痔の悩み解消サイト

妊婦(妊娠中)のための痔の悩みを解消すべくお役に立つ最新情報をお伝えします。

妊婦さんのための1日1分で痔を改善した方法

妊婦さんの痔は、医療機関(もしくは手術)に行かないと治らない?
きちんと痔を理解し、自分の痔のタイプを正確に把握し、1日1分あることをして 痔を改善する方法があるのです(整体院の院長で痔治療の第一人者による治療プログラム)。 いろいろ妊婦の痔に関する情報を集めましたが、これが一番続けられました。詳細はこちらから


妊婦の痔の特徴

痔とは、肛門の病気の総称です。

どうして痔になるのかというと、多くは排便時に肛門に圧力が加わり、動静脈叢が激しく圧迫されることが痔になる原因とも言われています。

動静脈叢の事を痔核も言います。日本人の3人に1人が痔になるとも言われていて、その中でも日本人がなる痔の中で一番多いのがいぼ痔です。

いぼ痔は老化現象に伴ってでてくる症状なので、痔とは誰にでもなりうる可能性は持ち備えているのです。意外かもしれませんが、痔とは人間だけにおこる病気なのです。

他の動物には痔という病気にはなりません。

また、排便を我慢することでも、肛門に圧力がかかることから痔になりやすくなります。

妊婦の痔の特徴

妊婦の痔の特徴として、いぼ痔が挙げられます。

なぜいぼ痔になるかといいますと、便秘が原因ではないかとも思われます。

妊婦になると便秘になりやすくなります。

プロゲステロンというホルモンが活発になり、腸壁の筋肉が緩み、なおかつ腸の運動能力も弱まるためです。

そのため妊婦の痔の特徴として便秘がちになり、いぼ痔になる確立が高くなるのでしょう。

また妊婦の痔の特徴として、胎児が成長してくるにつれて直腸が圧迫されてきます。

そのため、いきみすぎると痔になることがあるのです。

妊婦になったら便秘にならないよう心がけることは必要不可欠となってきます。

妊婦といぼ痔治療

妊婦でいぼ痔に悩まされている人は多くいます。

痔持ちだとわかっていたにも関わらず、治療をしていなかったため、妊婦になって余計にいぼ痔に悩まされるようになったという人もいるのではないでしょうか。

妊婦だからこそ薬などに頼らず、自然に治療していきたいというのが、誰もが希望する理想の痔の治療法です。

しかし、自然治癒力で痔を完治させるのはやはり難しいと思います。痔には、手術で
切らないと100パーセントならない種類もあるくらいですから。

妊婦でいぼ痔の治療法には、痔にならないような体質改善も考えられるのではないでしょうか。

痔体質を治せるような漢方薬もあるそうです。

妊婦のための痔の病院

妊婦で痔になる人は多く、もともと痔を持っている人でも妊婦になったことで痔に気づく人もいます。

大体が、産婦人科の病院で検診の時に痔の治療をすると思うのですが、妊婦になったことで痔の症状が悪化し辛かったり気になる人は、肛門の専門医がいる肛門科の病院へ行くのも選択の一つではないでしょうか。

妊婦が痔になって病院へ行って薬をもらったり、治療をすることも痔を治す対策だとは思いますが、まずは生活習慣を見直すことも大切だと思います。

なぜなら、痔の天敵は便秘なので、妊婦で失われがちな水分を十分に補給したり、食物繊維を摂取することで便秘を解消することも大切です。

妊婦と痔の薬

痔に効く薬は、今は市販薬でもたくさんの種類が出ています。

妊婦は胎児への影響を考え、極力薬の使用を避けたいのですが、薬を使用する際には、必ず医師に相談することをおすすめします。

痔に効果がある薬には、軟膏や座薬などがあります。

妊婦は投与する形の薬ではなくても、妊娠の時期や薬に含まれる成分などによっては使用してはいけない薬もあるので注意が必要です。

たとえ痔の薬であっても妊婦は妊娠初期での薬の使用は、安全性が確立されていないため、極力薬の使用は避けたほうが良いでしょう。

妊娠中に痔の症状が悪化し治療が必要な場合は、レーザー治療など麻酔を要さない手術もあるので医師に相談すると良いでしょう。

出産と痔

一般的に出産後に痔が悪化するケースは多いようです。

出産の時にいきみすぎて、肛門がうっ血して痔になるのかと思われがちなのですが、一概にそれだけが原因とは言い切れないのです。

産後に痔になるのは、出産後には腹筋が緩んだ状態となり、また授乳時に水分をいっぱい必要とされるため慢性的な水分不足にもなり、便秘をひきおこしやすくなり、痔にもなりやすくなるのです。

また育児やストレスも便秘の原因になることもあります。

出産後に痔になったら、とにかく便秘を解消できるよう心がけることです。

出産後に痔になったら、水分や食物繊維を摂取し、スムーズな排便ができるようにしましょう。

出産と痔

出産前に痔なってしまったら、まず胎児のこともあるので、痛みがひどくても危険性を避けるために薬の投与は極力避けたいものです。

出産前に痔になってしまったら、お腹から足までの下半身を暖めることで、痛みは緩和してきます。

とにかく肛門付近の血行を良くし、うっ血した状態をなくさなければ痛みは治まらないでしょう。

痔にはお風呂につかることがとてもいいので、毎日お風呂に入り、肛門のまわりを清潔に保つことが大切です。

排便のあとが肛門に細菌を充満させやすいので、排便後は肛門を洗浄することをおすすめします。

妊娠と痔

妊娠中に痔になる人はたくさんいます。

そして痔の天敵は便秘とも言われています。

妊娠後期に痔になる人は、排便をよくするための食べ物や水分の摂取が足りないことも挙げられます。

また妊娠後期にもなりますと体もだんだん重くなってきて、適度な運動、例えば軽い散歩なども怠ってしまうケースが出てきてしまうため、それもかさなり便秘になりやすく、痔になる人もいるのです。

妊娠後期に痔になった場合、自分の判断で薬を服用するのは胎児にも心配ですので、痛みがひどい場合は、医師に相談をして治療を受けたほうが出産時の不安も少なくなると思います。

妊娠と痔

痔の天敵は便秘とも言われています。

妊娠初期の段階で痔になる人には便秘の原因が挙げられるでしょう。

妊娠初期はつわりがある人もいます。

つわりがあると食欲がなくなり、排便するものも少なくなるので便秘になりがちになり、痔になってしまうケースが多いのです。

妊娠初期で、つわりの時期にちゃんとした食生活をおくるというのは酷なことですので、せめて便秘の解消ができるように、ヨーグルトや繊維質の果物を食べるなどして、とにかく便秘を解消していくことが、痔にならない手段のひとつでもあると思います。

排便の際に痛みが生じると排便を我慢しがちになるので、それは避けたほうがいいでしょう。

妊娠と痔

妊娠中や産後に痔になる人はたくさんいます。

たまに妊娠中に痔になっても出産をすれば痔は治ると聞いたことがあるかもしれませんが、きっとそれは錯覚で、妊娠中になった痔が出産を機に治ったのではなく、痛みがなくなっただけのケースがほとんどだと思います。

なぜ妊娠中に痔になりやすくなるのか、それは妊娠によって子宮が大きくなっているところに、赤ちゃんの重みも重なることが妊娠中に痔になる最大の原因につながると考えられます。

子宮が大きくなると、子宮から肛門につながっている血管を圧迫し、それがうっ血して痔になってしまうのです。

大腸がん・大腸ポリープ

大腸がんとは、腸の粘膜から発生する悪性の腫瘍で、結腸がんと直腸がんのことを言います。

結腸がんとは、腸の盲腸や直腸以外の結腸部分にできるがんの事で、直腸がんとは大腸内の直腸の粘膜にできた悪性のがんのことをいいます。

大腸がんの初期は、腸に小さいポリープのようなものができ、それが進行していくにつれて粘膜にとどまっていたがんが内壁から腸の一番外側の壁へ広がっていくのです。

大腸がんは早期発見できれば100パーセント完治できるものと言われています。

たとえ大腸がんがリンパ節やほかの臓器に転移をしてしまったとしても再び手術で取り除けるとされているのです。